日記 - CD・DVDせどりで 脱サラ生活はじめました

あなたはもう 「オンラインせどり」 を手に入れましたか?

私が月商90万以上売上げるまでに成長できたのは、
作者である『純さん』のおかげです。

この無料テキストについて以前ブログに書きました。

(過去記事を読んでみたい)と思ったら、
コチラをクリックしてください。

■ 無料テキスト「オンラインせどり」について ■
クリック後、下へスクロールしてください

このオンライン(電脳)せどらーのための教科書
リスクを減らすために必ず読んでおいてくださいね。

この無料テキストがきっかけで、
あなたの人生が良い方向に変わることを願っています^^。

BABYMETAL 5大キツネ祭り in JAPAN(銀キツネ祭り)レポート

gin.jpg
※左から、MOAMETAL、SU-METAL、YUIMETAL




かずまです。

はじめに書いておきます。

今回の記事はせどりとは全く関係ありません。
「せどり」の「せ」の字も出てこないので、
興味のない人はそっ閉じしてくださいね。

これは自分自身のために書きました。
アウトプットすると脳内が整理されるし記憶も定着しやすいので。

忘れたくないんですよ、この素晴らしかったライブの記憶を。




2017.7.25BM1.JPG




〜 7月25日(火)くもり 〜

5大キツネ祭り in JAPAN(銀キツネ祭り)参加。

BABYMETALのライヴは去年の東京ドーム以来。
キャパ2,000人程度の小箱は初。

緊張のせいか朝から腹の調子が悪く、
結局家を出たのが午後2時…この時点で物販は諦めムード。

午後3時過ぎに東京テレポート駅到着。
自然と早足になり、会場のZEPPへと向かう。

しかーし!

ここで方向音痴の本領発揮。
着いたのはなんとZEPPはZEPPでもZEPP東京 (^_^;)

なんか変だなぁとは思ってたんだよね…。
途中で全くベビT着てる人に会わなかったし…。

(ダイバーシティはどこだ?)

慌ててスマホで検索。

(ここか!)

早足で向かい、およそ10分でようやく目的地に辿り着いた。

この時点ですでに汗だく。
ハンドタオルで顔を拭きながら物販列を探す。

(あった!)

4時近かったのですでに列は動いていたが、
係員が「キツネマスクとリストバンドは売り切れDEATH」とアナウンスしていた。

(マスクは仕方ないにしてもリストバンドは欲しかったなぁ)

などと思いながらとりあえず列に並ぶ。

しかしふとコインロッカーのことが頭をよぎった。
早くロッカー確保しないと全部埋まっちゃうんじゃないかと。

(仕方ない、Tシャツとタオルは諦めよう)

物販列から離脱。
ロッカー探し開始。

いくつかロッカー場所をチェックするもどこも満杯。

しかし、ライヴ会場と同じ建物、
ダイバーシティ東京プラザの5階で奇跡的に1つだけ空いているのを発見!

今回一番不安だったのがロッカー問題だったから
心底ホッとした。

必要なものだけをバッグから取り出しミッションコンプリート。
あとは開場まで待つのみ。

プラザ内をブラブラしたり、
椅子に座ってスマホでベビメタ関連のツイートをチェックしたりしているうちに
開場時間の6時になった。

戻ってみると係員が拡声器で誘導を始めている。
誘導はスムーズに進行し、入場チェックもサクサク進んだ。


余談だけど、今回初めて導入された金属探知機は想像していたものと違っていた。

てっきり空港でやってるような
ゲートを通って反応があったらピンポーンて鳴るような感じかと思ってたら、
よく宝探ししてる人が使ってる、
先っちょが輪になっている棒に似た道具でチェックしていた。


会場内に入ったのは6時半。
スタートは7時。

前の方はもう埋まってるかも、と思ったので、
慌てても仕方ないなとまずはトイレで用を済ます。

そのあと無意識に左側の通路へ。
壁際にロッカーが並んでいて、しかも結構空いていた。

(なんだ、こんなに空いてるのか…次来た時はココを使おう)

などと思っていると、
係員が「前方のドアから入場してください」と言ったので、
それに従うと、意外と前の方に位置取れてしまった。

左寄りの、前から10列目くらいの場所でスタンバイ。
会場内では聴いたことのないメタルがガンガンに流れている。


…しばらくしてハッと気付く。

(なんで左から入った? オレもあさん推しなのに!)

時すでに遅し。

後ろも詰まってきていて身動きが取れない…ああ、もあさん…。




2017.7.25BM2.JPG




ライヴ開始直前。

左の方から係員らしき人の声。
「もっと前に詰めてください!」

その声が呼び水になり、
後方からもの凄い圧がかかり始めた。

耐えきれず体を流れに任せたら、
なんと5列目付近まで来ることができた。

(お立ち台が、ち、近い…)

その距離、ざっと見積もって3メートル。

一番左のお立ち台なので、
主にゆいさんが立つことになるだろう。

もあさん推しの自分ではあるが、
人間という生き物は現金なものである。

さっきまで右側に陣取れば良かった、
なんて後悔しっぱなしだったというのに。

こんな近くで観られるとわかったら
そんな事はもうどうでも良くなっていた。

10分押しの7時10分にライヴ開始。

イジメダメゼッタイのイントロに合わせて
すぅさんが英語でライヴ中の注意事項をアナウンス。

「おくりびと」という単語だけ日本語だったのが印象に残った。

いよいよ、ライヴが始まる。




(1)BABYMETAL DEATH



神バンドの演奏が始まったとたん、
大歓声と共にもの凄い圧縮!

ぎゅうううう

3人がお立ち台に上がったとたん、
もの凄い圧縮第ニ波!

ぎゅぎゅうううう

ナニコレ…こんなの満員電車でも体験したことないんですケド…。

みんな好き勝手にジャンプしたり
大声出したり
両腕突き上げてキツネサインしてたり
激しく動いてたりで現場は超カオス(自分もはっちゃけてたけど)。

まるで地獄に堕ちた亡者どもが
助けを求めてうごめいているかのようだった。

ゆいさんがお立ち台の上でニッコリ微笑んでいる姿が
菩薩様に見えたのはここだけの話。

うわごとのようにYMY(ゆいちゃんまじゆいちゃん)て
言ってる人の気持ちが良くわかったよ、うん。




(2)メギツネ



まだ2曲目なのでみんな体力が有り余ってるんだろう。
相変わらず圧縮が凄い。

汗が吹き出し始めた。

ここでふと気付く。

すぅさんの歌がアニメ声で聴こえる。
神バンドの演奏もなんだか変な感じに聴こえる。

ライヴ用の耳栓してるのにおかしいな。
前過ぎるからか?
それとも自分の耳がポンコツなのか?
結局最後まで音に関してはこんな感じだった。




(3)神バンドソロ→あわだまフィーバー



神バンドソロで藤岡さんが目の前のお立ち台に!
ギターはなんとベビメタアロー!(気付くの遅っ)

しかし、
白塗りどうなってるんだろうと顔にばっかり目がいってしまった…もっとギターも見ておけばよかった…。

逆にBOHさんの時はベースばっかり見てた。
指の動き、あれ自分だったら絶対つる、ていうか無理。

大村さんと青山さんは残念ながら良く見えず…。

あわだまの記憶はなぜか飛んじゃってて思い出せない。




(4)YAVA!



音響が変な感じのままなので、
歌や演奏は諦めて
とにかく3人を目に焼き付けることに専念。

この曲は3人が派手に移動しないから視界に入るのはゆいさん多め。




(5)ドキドキモーニング



この曲の一番の見所は何といっても
目の前のお立ち台で繰り広げられる
もあさん寝起きのリアクション!

はぁ〜幸せ。




(6)ロードオブレジスタンス



(え? もう終わり?)

これが最初に思った事だった。
だって、まさか中盤でこの曲やるなんて全く想像できなかったから。

不安になる中、3人がフラッグを担いで登場。

もあさん目の前のお立ち台に。
旗を広げる時ちょっとアタフタしててなんだかホッコリ。

ワン・ツー・スリー・フォーッ! の後がYAVAかった。

中央付近で激しくモッシュしているのか、
それが波のようにこっちにも押し寄せてきて体もまれまくり。

(木の葉かっ!)

倒れそうになるも、なんとか踏ん張って耐え抜く。

ウォ〜ウォ〜ウォウォ〜の所が一番テンション上がった。




(7)ギミチョコ



ロードオブレジスタンスでフラフラになりながらも
(良かった、まだ終わりじゃないんだ)
と思う自分がそこにいた。

月日の経つのは早いもので、
いつの間にやらアラフォーからアラフィフへ。

体なんてゼンゼン鍛えてない。

運動不足のせいか、もう腕が疲れてきた。

ずっと見上げてるから首も痛くなってきた。

Tシャツは汗でビショ濡れだ。

踏まれまくってるせいか、たぶん右の靴ヒモがほどけてる。
脱げないよう
固結びの後ちょうちょ結びしておいて正解だった。

近くでは
見るからに自分より年上の人が元気にはっちゃけている。

この楽しい時間も残りわずか。
…よし、自分も頑張ろう!

※ギミチョコの記憶が飛んでいるので
3人の様子はご想像にお任せします




(8)KARATE



激しい曲続きだったので、
ここでKARATEは正直助かった。

すぅさんが倒れているもあゆいを引っ張り起こすシーンを
間近で見られて大満足。




(9)ヘドバンギャ―



(はいぃ?)

ここでまさかのヘドバンギャー。
ヤバいよヤバいよ〜もう首がヤバイDEATHすぅさん…。

しかし根性でなんとか乗り切る。

周りもさすがにヘロヘロの人多し。




(10)THE ONE(English ver.)



小箱ではやらないと思われていたTHE ONEがラスト。

ホッとする私。

もしイジメダメゼッタイだったら倒れてたかも。

フード付きマントを着て3人が登場。
暑そうだ。

それにしても、3人共アスリート並みのスタミナで本当に凄いなぁ、
などと思いつつ間近でじっくり拝ませて頂きました。

曲が終わるとライトが消え、
再び点くと舞台には誰もいない。

(プリンセス天功かっ!)

お決まりの「SEE YOU」も無し。
しかし、それもベビメタらしいなと思う。

とにかく、
自分としては3人を間近で見ることができて大満足な一日だった。




2017.7.25BM3.JPG




ライヴは終わったが、まだやることが1つあった。
それは、ドリンクをもらうこと。

ZEPPでは入場時にドリンク代として500円を支払い、
かわりにメダルを渡される。
そのメダルでドリンクを買うのだ。

販売所に向かうとすでに大行列が出来ていた。

(うへぇ)

(そうだよね、やっぱり終わってから飲みたいよね…)

ライヴでヘロヘロになってたから
ただ並ぶだけでもかなりしんどい作業だ。

もらわずに帰ろうかとも考えたが、
せっかくだからと並ぶことにした。

しかし行列は想像以上に長く、
階段を上りいったん外に出て、
また別の階段で下りるというなんじゃこりゃ感。

結局30分近くかかってスポーツドリンクをGET。
オマケでZEPPのキーホルダーをくれて、これはちょっと嬉しかった。

メチャクチャ喉が渇いていたので、
500mlのスポーツドリンクをあっという間に飲み干す。

が、足らない。
まだ何か飲みたい。

…そうだ、バッグにおーいお茶が入ってたっけ。
早くコインロッカー開けなくちゃ。

ロッカーを開け、おーいお茶を飲み干し、
ようやくひと息つく。

今度は無性にタバコが吸いたくなってきた。

プラザ内の喫煙所のドアを開けると、
「お疲れさまです」と声をかけられた。

反射的に自分も「お疲れさまです」と言ってしまった。

室内には私を含め3人しかいない。

よく見ると、2人ともベビメタTシャツを着ている。

火を点け、最初の煙を吐くと、また声をかけられた。

こんな事は初めてだったのでちょっと緊張してしまったが、
いざ話してみるとその緊張はどこへやら。

まったく普通に喋っている自分に自分でも驚いた。

尋ねると、
どうやら2人は知りあいではないらしい。

ボッチ参戦のメイト3人が、はじめましての3人が、
BABYMETALという共通の話題で即盛り上がる。

ベビメタって不思議な存在だなぁと
あらためて感じたひとときだった。

2人と別れた後、Tシャツを着替えようとトイレに入った。
と、そこでも「お疲れさまです」と声をかけられ、
見ると洗面所で着替えているメイトさんが一人いた。

(ベビメタファンて気さくな人がホント多いんだなぁ)

と思いつつ、
喫煙所同様今日のライヴの感想や
「さいたまスーパーアリーナ行きますか?」
などなど、気が付くと10分くらい話し込んでいた。

最後に自作のベビメタキーホルダーを頂き感謝感激。
本当にありがとうございました^^。

なんだかんだで帰宅したのは午後11時近く。
とても有意義な銀キツネ祭りでございました。




おしまい




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます♪

居酒屋で芸能人と遭遇しました

かずまです。


週末、せどり仲間7人で都内某所の居酒屋で飲んでました。
すると、まさかの女優さんが近くのテーブルにっ Σ(゚Д゚) ナヌッ


こちらの女優さん
↓↓↓



そして、一緒に飲んでいたNさんの取った行動がこれまた凄かった!
きっとこの行動が功を奏して
こころよくサイン&写真に応じてくれたんじゃないかなと。
まぁ、これは私の勝手な解釈ですけど。


でもサインはわりとOKでも
ツーショット写真までは中々OKしてくれないんじゃないかな?
女性ですしね。
芸能人の友達がいないのでよく分かりませんが(笑)。


それにしても、よくとっさにこんなこと考えるなぁと思いましたね。
この日は飲む前に3時間ほどリサーチ勉強会もしたんですが、
そのときもNさんだけ次元の違うリサーチしてましたし。


やっぱり指導する立場の人って思考回路が普通じゃないです(いい意味でですよ、いい意味で)。


自分よりはるか上のステージで活躍されている人が身近にいると
本当に勉強になります。


Nさんがどうやってこの女優さんにお願いしたのか?
お忍びで飲みに来ている彼女が
なぜ嫌な顔ひとつせずサイン&ツーショット写真に応じてくれたのか?


答えはここでは書きません。
あなた自身で考えてみてください。


Nさんと同じ行動が当たり前にできるようになれば
せどり系ビジネスに限らず色々な方面でも成功者になれますよ、きっと。
人間は一人じゃ生きていけませんからね。


瞬時に相手の心をつかむ方法。
これこそ生きていく上で最重要なんじゃないかと思った週末の夜でした。




PS:

どさくさに紛れて私もサインもらっちゃいました^^。
↓↓↓
■ サイン ■


とっても感じの良い方でしたよ〜。
あと、テレビで観るよりずっとカワイイと思いました。


人気ブログランキングへ

研磨機大活躍

かずまです。


今さらですが、アナと雪の女王を観ました。
きっかけはうちの母親。
「これ映らなくなったから研磨して」と電話が来たからです。


早速郵送してもらい、届いた封筒から取り出してみると…Oh、なんだこれは!


DVDの読み取り面が汚れてるのは想定内でしたけど、
まさかケースジャケットがはずされて中にしまい込んであって(しかもクシャクシャになってる)、
それだけじゃなくケースにヒビも入っていてセロテープで補強してあるとは…。
これはもう完全にジャンク品状態であります(汗)。


(これじゃあ「可」で出品してもクレーム来そうだなぁ)と。
そんなレベルのシロモノでしたね。


実は両親の家に姪っ子たちがよく遊びに来るんです。
そのおチビちゃんたちが大のアナ雪ファンで、
来るたびにDVDを観たいって言うそうなんですね。


で、まだ2、3歳だから(オロナミンC飲んでるんじゃないか?)って思うくらい元気ハツラツ。
エイヤッっとケースやディスクを投げちゃったり
お菓子を食べた手でペタペタと触ったりするわけです。


そういえば実家に行くと
大事なものはおチビちゃんたちの手の届かない場所に置いてあったなぁ、
なんて思いながら愛機をセッティングして研磨開始。


愛機
↓↓
【SIMO-R1】


ものの数分で作業完了。
今年から中古を多く仕入れるようになったせいかだいぶ手際良くなりましたね。


さて、お次は再生確認。
盤面に浅い傷は残ってるけど、たぶん大丈夫だと思うけど、念のためチェック。


電脳せどりしたいから数分観て止めるつもりが…アレ? これ結構面白いぞ!


松たか子の歌が評判になってますけど、
神田沙也加の歌も負けず劣らず素晴らしかったです。
演技では完全にお母さん(松田聖子)を超えてますね、感情表現豊かでビックリしました。


ふぅ、結局最後まで観てしまいましたよ。
まぁ、ちゃんと再生できることが分かったから良しとします^^。


またDVDが観られるようになって、
姪っ子たちが「おじちゃん魔法使いみたい」なんて言ってくれたりして。
んなことないか(笑)。




ちなみに神田沙也加せどりでオススメなのはこれですかね。

↓↓↓




それではまた♪


人気ブログランキングへ